在宅きたかみについて

ご挨拶

北上市在宅医療介護連携支援センター「在宅きたかみ」は、北上市からの委託を受けまして、平成28年2月に北上済生会病院内に設置された 在宅の医療と介護の連携拠点です。

 

北上市においても高齢化が進み、医療や介護が生活の一部となって深く関わることが予想されます。地域にお住いの方々が安心して暮らして行けるように、病院、診療所、介護施設などで働く専門職は、それぞれが役割を担って働いています。介護につきましては、同じく北上市からの委託を受け地域包括支援センターが市内に5ヵ所あり、高齢者の方の支援拠点として活動を進めています。医療に関しましても、北上市医師会が中心となって在宅医療、認知症、看取り(心づもり)などについて高齢化社会に向けた取り組みを行っています。さらに北上市保健福祉部、特に長寿介護課や健康増進課が、行政の要として地域に携わっています。このような医療と介護に関わる専門職、各施設間、行政など、相互の連携を支援することが当センターの役割です。

 

様々な職種が協働し合い、在宅医療の推進、医療と介護の連携、享受できる介護の充実など、医療と介護の関わりがより良いものとなる拠点づくりを「在宅きたかみ」は目指しています。

 

これからも皆様のご支援とご指導を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

      

 

北上市在宅医療介護連携支援センター長

              柴内一夫

   

 

 

 

 

事業内容

 

 〇 地域の医療・介護サービス資源の把握

 〇 在宅医療・介護連携の課題抽出と対応策の検討

 〇 切れ目のない在宅医療と介護サービスの提供体制の構築推進

 〇 医療・介護関係者の情報共有の支援

 〇 在宅医療・介護連携に関する相談支援

 〇 医療・介護関係者の研修

 〇 地域住民への普及啓発

 〇 在宅医療・介護連携に関する関係市町村の連携

 

在宅きたかみ 職員

  • 柴内 一夫     しばない かずお   センター長 副院長
  • 菊池 絹子     きくち きぬこ    看護師長
  • 菊池 涼子     きくち りょうこ   医療ソーシャルワーカー
  • 菊池 愛      きくち まな     事務員

市民の皆様へ

1.申請書類を作成

申請は本人または家族が行うことができます。

北上市役所の他、地域包括支援センター居宅介護支援事業者、介護保険施設などに相談してみるのも良いでしょう。 

介護保険認定申請書のダウンロード(市役所窓口にも申請書は置いてあります。) 

 

2.市役所窓口に提出

北上市役所の窓口は、保健福祉部長寿介護課16番窓口(本庁舎1階)となります。65歳以上の方(第1号被保険者)は介護保険証を、40~65歳の方(第2号被保険者)は健康保険証を持参して下さい。これらの保険証のほかに介護保険認定申請書も申請時に必要です。 

 

3.訪問審査を受ける

市の担当職員などが自宅などを訪問し、心身の状態などについて聞き取り調査を行います。

 

4.認定

市の依頼により主治医が意見書を作成します。主治医がいない方は市が紹介する医師の診断を受けます。

コンピューター入力による一次判定、一次判定や主治医の意見書などをもとに、専門家が二次判定となる審査をします。

 

5.サービス開始

要介護1~5と認定された方で、自宅を中心としたサービスを希望する方は居宅介護支援事業者に、施設への入所を希望する方は介護保険施設に連絡します。また、要支援1・2と認定された方および介護予防・生活支援サービス事業対象者は地域包括支援センターに連絡します。そこでケアプラン(利用者の負担はありません)が作成され、サービス利用となります。

上に戻る