在宅きたかみについて

ご挨拶

北上市在宅医療介護連携支援センター「在宅きたかみ」は、 北上市からの委託を受けまして、 2016年2月より北上済生会病院内に設置された医療と介護の連携拠点です。

 

私たちが目指しているのは、

  • 地域の方々が気兼ねなく相談できる医療と介護の窓口となること
  • 北上近隣の病院、診療所、介護施設、福祉施設に携わる方々の繋がりをより円滑とすること
  • それぞれの専門職がやりがいを持って、より地域に貢献できるようにサポートすること

です。

 

各施設についての情報冊子や入退院支援ハンドブックの発行、医療や介護への相談窓口、各種研修会や協議会の開催、ホームページ運営等、深化していく地域包括ケアの推進を担うべく活動して参りました。

 

この度、北上済生会病院は一戸貞文病院長の下に県立北上病院の跡地に移転して地域医療への歩みを一新いたします。超高齢化、医療介護人材不足、そしてコロナ禍など、今後の課題は山積しています。それぞれの職能団体がその専門性を生かし、現場に即しつつ、大きく俯瞰した立場からの協働によって困難を乗り越えていくことが必要と考えています。幸いなことに、ここ北上では行政や関連施設に携わる方々の中に、情熱を持って様々取り組まれている方が多くいらっしゃいます。このことは大きな強みであり、得難いことであります。

 

当事者としての地域にお住まいの皆様が、安心して暮らしていけるためにという思いを一つにして、患者さんや利用者の方、そのご家族の方などのお役に立てることを目指し、今まで構築されてきた専門職のネットワークを大切にしながら、この繋がりを拡げて深めることが当センターとしての職務です。更には、当事者である皆様の希望や生活様式・現状など(語り)を、専門職へお伝えし、双方が力を合わせて課題の解決に向かうことができれば望外の喜びです。

 

改めまして日頃のご支援やご指導に感謝申し上げます。引き続き「在宅きたかみ」を宜しくお願い申し上げます。

 

      

 

北上市在宅医療介護連携支援センター長

              柴内一夫

   

 

 

 

 

事業内容

 

 〇 地域の医療・介護サービス資源の把握

 〇 在宅医療・介護連携の課題抽出と対応策の検討

 〇 切れ目のない在宅医療と介護サービスの提供体制の構築推進

 〇 医療・介護関係者の情報共有の支援

 〇 在宅医療・介護連携に関する相談支援

 〇 医療・介護関係者の研修

 〇 地域住民への普及啓発

 〇 在宅医療・介護連携に関する関係市町村の連携

 

在宅きたかみ 職員

  • 柴内 一夫     しばない かずお   センター長 副院長
  • 佐藤 晃      さとう あきら    看護師長
  • 菊池 涼子     きくち りょうこ   医療ソーシャルワーカー

市民の皆様へ

要介護認定の流れ

1.申請書類を作成

申請は本人または家族が行うことができます。

北上市役所の他、地域包括支援センター居宅介護支援事業者、介護保険施設などに相談してみるのも良いでしょう。 

介護保険認定申請書のダウンロード(市役所窓口にも申請書は置いてあります。) 

 

2.市役所窓口に提出

北上市役所の窓口は、保健福祉部長寿介護課16番窓口(本庁舎1階)となります。65歳以上の方(第1号被保険者)は介護保険証を、40~65歳の方(第2号被保険者)は健康保険証を持参して下さい。これらの保険証のほかに介護保険認定申請書も申請時に必要です。 

 

3.訪問審査を受ける

市の担当職員などが自宅などを訪問し、心身の状態などについて聞き取り調査を行います。

 

4.認定

市の依頼により主治医が意見書を作成します。主治医がいない方は市が紹介する医師の診断を受けます。

コンピューター入力による一次判定、一次判定や主治医の意見書などをもとに、専門家が二次判定となる審査をします。

 

5.サービス開始

要介護1~5と認定された方で、自宅を中心としたサービスを希望する方は居宅介護支援事業者に、施設への入所を希望する方は介護保険施設に連絡します。また、要支援1・2と認定された方および介護予防・生活支援サービス事業対象者は地域包括支援センターに連絡します。そこでケアプラン(利用者の負担はありません)が作成され、サービス利用となります。

アクセス

令和2年11月24日より北上済生会病院の新築移転に伴い、当センターも移転いたしました。

新住所:〒024-8506 岩手県北上市九年橋三丁目15番33号【地図はこちら
    北上済生会病院内1F

新電話番号 :0197-65-6121

新FAX番号:0197-65-6122

 

正面玄関より右手に曲がると当センターがございます。

上に戻る