活動報告

最近行われた
講座・研修会等

アーカイブ

一関市医療と介護の連携連絡会視察研修

令和元年11月26日(火)開催

 当センターへ一関市医療と介護の連携連絡会より15名の方が視察に来られました。高齢者の「生き方」を支援し、医療サービスの充実を図るため北上市の取り組みを参考にしたいということで、「わたしのきぼうノート」の作成経緯や在宅医療介護連携支援センターの体制や取り組み状況についてご説明しました。きぼうノート作成に市民が加わったことで相談先や情報などがとてもよく記載されていて参考になりますなどの意見をいただきました。

令和元年度第2回北上市在宅医療介護連携推進協議会

令和元年11月25日(月)開催

 

 

市民交流プラザにて、令和元年度第2回北上市在宅医療介護連携推進協議会が開催されました。今回は、令和元年度事業進捗状況についての報告、「認知症」「在宅医療」「意思決定」の活動と北上市入退院支援ハンドブックの作成報告を行いました。

 

高知県中央西福祉保健所 視察

令和元年11月6日(水)開催

 高知県中央西福祉保健所より3名の方が北上市在宅医療介護連携支援センターの視察に来られました。北上市の「わたしのきぼう」の作成経緯や「在宅医療介護連携推進事業」の取り組み状況について説明し、熱心にお話を聞いていました。高知県中央西地区では、高齢化がかなり進んでおり、病床数も多い地区であるということでした。

 高知県中央西地区の強みを活かし、市民が住み慣れた地域で安心して暮らし続けられる高知県型地域包括ケアシステムの構築に貢献することを願っております。

令和元年度第3回医療・介護人材育成のためのテーマ型研修会
『介護職員の専門性とやりがいとは・・・
~介護職員の職務と倫理について考える~』

令和元年10月31日(木)開催

講 師/ 特別養護老人ホーム光寿苑総合施設長

      太田 宣承 氏

会 場/ 北上済生会病院 大会議室

時 間/ 18:30~19:30

参加者/ 56名(職種別・事業所別参加人数はこちらをご覧ください)

『常識』『自分らしさ』とは何か?、また施設長をされている特別養護老人ホームでご自身も働いてみて感じた事、見えてきたことなどをお話してくださいました。

 参加者からは、「とても楽しく改めて自分を振り返られる時間だった」「仕事面でも家庭でも役立てられるお話だった」「自分らしく、いい所だけでなく悪い所も見つめる事も大切だと思った」などの声が聞かれました。

第14回ケアラボ@きたかみ

令和元年10月17日(木)開催

時間/18:00~20:30

会場/北上市市民交流プラザ 催事場

参加者/ 89名

今回は「認知症初期集中支援チームが関与した事例」について、認知症サポート医のいわぶち脳神経クリニック 岩淵崇先生による解説の後、グループ討議をしました。

 

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»
上に戻る